• HOME>
  • よくあるご質問

よくあるご質問

虫歯だらけで、歯医者さんに怒られると思うと、なかなか歯科医院へ足を運べません。
歯は、何もトラブルがないときは、その存在さえ自分自身で気にかけないものです。痛みを持ったり、無くなって初めて大切さを実感します。
特に歯科に対して恐怖感や嫌なイメージの強い人に多いです。再び今のような状況にならないように「予防」することを行って行きましょう。
当院は女性スタッフのみの歯科ですから安心してご来院下さいませ。
歯の根の部分にも虫歯ができるのは本当ですか?
歯の根の部分にも虫歯はできます。歯は顎の骨の中に植わっていて、その上を歯ぐきが覆っています。
何らかの原因で歯茎や骨が減る(下がる)と本来隠れている部分が口の中に現れることになります。
この部分はエナメル質よりも軟らかい組織が最表層である象牙質ですから、口の中にいつも見えているところよりも早く虫歯になりやすいです。
つめたりかぶせたりした歯がまた虫歯になることはありますか?
つめたりかぶせたりした歯がまた虫歯になることがあります。
全くもとの歯に戻った訳ではありません。つめたりかぶせたりしたものと歯との間に目では見えないすき間があります。そこに汚れがたまるとそこからバイ菌が入って、虫歯や歯周病になることがあります。
治療が終了しても口の中の清掃を心がけたり、当院の予防歯科を受診して頂きむし歯を防ぎましょう。
歯周病を完治させることは出来ます?
それとも病状を遅らせるだけしか出来ないのですか?
見ためを健康そうな状態にまでは回復することは可能ですが、再発する可能性は高いです。
良くなった状態をいかに維持させるかが患者様と当院の目標になるのです。患者さん本人の努力だけで歯周病は良くなりませんし、歯科医師、歯科衛生士だけが治療を行っても最終ゴールへの到達は難しいです。
当院では、ご自分の状態はどうなっているのか等詳しく説明致します。
6歳の子供の歯並びが悪いのは、遺伝なのでしょうか。
矯正した方が良いのでしょうか?
歯並びや顔の骨格は遺伝的要素が強いです。
お子様はまだ6歳ということですから、これからどんどん永久歯が生え変わって行きます。
それにより歯並びも変わって行く可能性が強いため、永久歯が生え揃ってから矯正を始められても遅いことはありません。
第一にお子様の意志が大切です。歯や歯ぐきの病気ならないような歯磨き習慣や食習慣を身につけるようにされる方が良いと思います。親御様にもご協力いただきながら、お子様の口腔環境を整えていきましょう。

診療時間

来院される皆様へ
2017年臨時休診について・・・12月9日(土)は休診となります。
【年末年始の休診について】
2017年12月28日~2018年1月3日まで休診となります。
ご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。
受付時間
8:45~12:00 予約 予約 ×
15:00~19:00
火曜のみ17:00までの受付となります。
× × ×

当院ではお子様や麻酔注射が苦手な方に笑気麻酔を採用しています

<笑気麻酔とは>
治療について、痛い、怖い、吐きそうなどの、不安感、恐怖感をお持ちの方、緊張しやすい方におすすめです。 鼻の上に小さなマスクを乗せて、息を吸い込むと、ふわふわリラックスした気分になり、痛みがあまり気にならなくなります。 速効性なので、治療時間もさほど長くなりませんし、治療終了後、マスクを外すとすぐに効果が無くなり、元の状態に戻るので、すぐに帰宅してもらえます。

ページトップ